5次元時空の謎を解く

ワープする宇宙

物理学会がいま最も注目している「5次元宇宙理論」とは?
すぐそこに存在するという、"第5の次元"はなぜ目に見えないのか?
そもそもそれは本当に存在しているのか?

宇宙は、私たちが実感できる3次元+時間という構成ではないらしい。
そこには、もうひとつの見えない次元があるというのだ。
もし、もうひとつの次元が存在するのなら、なぜ私たちには見えないのか?
それは、私たちの世界にどう影響しているのか?
どうしたらその存在を証明できるのか?
現代物理学の歩みから最新理論までを数式を一切使わずにわかりやすく解説した、英米の大学でテキストとして使われている話題の著書「Warped Passages」の邦訳。
ノーベル賞に最も近い理論物理学者の最新宇宙論である。




posted by リサ・グランドール at 16:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。