次元の秘密、4より多い次元とはなんぞや?



【目次】(「BOOK」データベースより)
4次元のアタマ/次元とはなんぞや?/次元をなくす法 自然単位系のはなし/キャラクター紹介/プランク長さの世界/ディラックの巨大数仮説 重力は弱くなる?/4次元のアタマの続き/5次元カルーツァ=クライン理論は玉手箱かパンドラの箱か/2次元と∞次元しかない話/素粒子とフラクタル次元の話/ひも理論ルネッサンス そろそろ超弦理論?/ひもになれる(馴れる)方法/ひもの方程式をつくる/ひもはキスがうまいのであるか/孫悟空の対称性/大きいことは小さいことだ?/ラグランジアンと動くニュートン定数/超対称性登場/いよいよDブレーン/やっぱり幽霊の恐怖?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹内薫(タケウチカオル)
1960年生まれ。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業後、マギール大学大学院で博士号を取得。専攻は素粒子論(ヒッグス粒子の現象論)および宇宙論(ひも理論の宇宙)。難解で抽象的な科学的概念を、自ら描いたイラストとウィットに富んだ比喩で、分かりやすく説明する手腕には定評のある在野の科学者兼哲学者。湯川薫のペンネームでミステリーも書いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by リサ・グランドール at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。