宇宙の向こう側 量子、五次元、ワープト・スロート / 横山順一

日常的思考を逸脱しなければわからない、量子、次元、ひも理論、そしてさまざまな宇宙論の連関をわかりやすく解説。
向こう側が見えるかもしれない、量子宇宙のめくるめく世界観に迫る、スリリングな最新科学読み物。

著者:
〈横山順一〉1963年生まれ。理学博士。東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター教授。
〈竹内薫〉1960年生まれ。理学博士。サイエンス・ライター。著書に「99・9%は仮説」など。



「ワープト・スロート」と呼ばれる余剰次元を含んだ最新理論では、角の辺境に私たちの暮らす3次元宇宙のブレーンワールドがある!?
日常的思考を逸脱しなければわからない、量子、次元、ひも理論、そしてさまざまな宇宙論の連関までをわかりやすく解説。
向こう側が見えるかもしれない、量子宇宙のめくるめく世界観。

目次 : 0 黎明、始まりのまえに(インフレーション宇宙論―始まりの揺らぎ/ 多重発生する宇宙)
/ 1 量子、この不思議な世界(原子から考える/ 量子とはなにか ほか)
/ 2 次元、われわれはどこにいるのか(余剰次元―リサ・ランドールのブレーンワールド理論/ 四次元の微分構造 ほか)
/ 3 ひも、あまりにも珍妙な(超ひも理論/ M理論 ほか)
/ 4 宇宙、それは(重力とはなにか/ 量子宇宙と量子論 ほか)
posted by リサ・グランドール at 21:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。