宇宙の向こう側 量子、五次元、ワープト・スロート / 横山順一

日常的思考を逸脱しなければわからない、量子、次元、ひも理論、そしてさまざまな宇宙論の連関をわかりやすく解説。
向こう側が見えるかもしれない、量子宇宙のめくるめく世界観に迫る、スリリングな最新科学読み物。

著者:
〈横山順一〉1963年生まれ。理学博士。東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター教授。
〈竹内薫〉1960年生まれ。理学博士。サイエンス・ライター。著書に「99・9%は仮説」など。



「ワープト・スロート」と呼ばれる余剰次元を含んだ最新理論では、角の辺境に私たちの暮らす3次元宇宙のブレーンワールドがある!?
日常的思考を逸脱しなければわからない、量子、次元、ひも理論、そしてさまざまな宇宙論の連関までをわかりやすく解説。
向こう側が見えるかもしれない、量子宇宙のめくるめく世界観。

目次 : 0 黎明、始まりのまえに(インフレーション宇宙論―始まりの揺らぎ/ 多重発生する宇宙)
/ 1 量子、この不思議な世界(原子から考える/ 量子とはなにか ほか)
/ 2 次元、われわれはどこにいるのか(余剰次元―リサ・ランドールのブレーンワールド理論/ 四次元の微分構造 ほか)
/ 3 ひも、あまりにも珍妙な(超ひも理論/ M理論 ほか)
/ 4 宇宙、それは(重力とはなにか/ 量子宇宙と量子論 ほか)
posted by リサ・グランドール at 21:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次元の秘密、4より多い次元とはなんぞや?



【目次】(「BOOK」データベースより)
4次元のアタマ/次元とはなんぞや?/次元をなくす法 自然単位系のはなし/キャラクター紹介/プランク長さの世界/ディラックの巨大数仮説 重力は弱くなる?/4次元のアタマの続き/5次元カルーツァ=クライン理論は玉手箱かパンドラの箱か/2次元と∞次元しかない話/素粒子とフラクタル次元の話/ひも理論ルネッサンス そろそろ超弦理論?/ひもになれる(馴れる)方法/ひもの方程式をつくる/ひもはキスがうまいのであるか/孫悟空の対称性/大きいことは小さいことだ?/ラグランジアンと動くニュートン定数/超対称性登場/いよいよDブレーン/やっぱり幽霊の恐怖?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹内薫(タケウチカオル)
1960年生まれ。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業後、マギール大学大学院で博士号を取得。専攻は素粒子論(ヒッグス粒子の現象論)および宇宙論(ひも理論の宇宙)。難解で抽象的な科学的概念を、自ら描いたイラストとウィットに富んだ比喩で、分かりやすく説明する手腕には定評のある在野の科学者兼哲学者。湯川薫のペンネームでミステリーも書いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by リサ・グランドール at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5次元時空の謎を解く

ワープする宇宙

物理学会がいま最も注目している「5次元宇宙理論」とは?
すぐそこに存在するという、"第5の次元"はなぜ目に見えないのか?
そもそもそれは本当に存在しているのか?

宇宙は、私たちが実感できる3次元+時間という構成ではないらしい。
そこには、もうひとつの見えない次元があるというのだ。
もし、もうひとつの次元が存在するのなら、なぜ私たちには見えないのか?
それは、私たちの世界にどう影響しているのか?
どうしたらその存在を証明できるのか?
現代物理学の歩みから最新理論までを数式を一切使わずにわかりやすく解説した、英米の大学でテキストとして使われている話題の著書「Warped Passages」の邦訳。
ノーベル賞に最も近い理論物理学者の最新宇宙論である。




posted by リサ・グランドール at 16:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。